「緑樹会ミニ盆栽展」 お土産黒松の樹形構想

展示会初日に入手した黒松です。
役枝を数本下げてみました。
IMGP3789 (640x427)
小さいながらも十分な曲と役枝候補も残されています。

樹冠部にある切り残しの幹跡。
IMGP3788 (640x427)

切り取ってから即売品としても良かったが
大きなキズが残る可能性があり
購入者の判断に任せたとの事で
こちら側を正面として作られて来た樹のようです。
IMGP3795 (640x427)
切り取り後 樹芯部数本の枝にも針金を掛けてみましたが
正面をもう少し左側に移動させればそれ程目立つキズにはならず
芽数を増やせば隠れてしまい 早く完成させられるのでは?。

入手時の樹形構想。
IMGP3791 (640x427)
切り飛ばしキズも完全に後側に隠れ
コケ順も良くなり、より小さく作れる筈です。
但し、間延びした樹芯部が追い込めなければ
接ぎ木が必要になり、完成までには時間が掛りますが。

どっちを選ぶかは私次第です。
しばらく悩む事にします。

この決断するまでが盆栽で一番楽しい時間なのです、
いつも正解が出せるとは限りませんが!。(笑)

ある日突然、この樹も話しかけてくれる筈です。
「いつまで迷って居る!こっちにしろ!」と。

「バカもんが、いつもワシの手を煩わせ居って!
    そんな歳になってもまだ優柔不断で決断力の無い男じゃのぉ!」

(;´д`) オヨヨ イツモ タナバデキク アノコエガ ボンサイノカミサマノ オコトバダッタトハ


にほんブログ村
関連記事