スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大野性杜松 小枝の追い込み

IMGP4332 (640x427)
入手時より役枝も太り針金が効き 位置も決まりました。

IMGP4356 (640x427)
左最下枝をチェックすると赤い線の内側に懐芽も充分に準備されています。
シメシメここまで追い込めます。

ほぼ全ての懐芽を輪郭線まで追い込み、  記念写真、ハイ・ポーズ・パチリ。
IMGP4360 (640x427)
もう少しこの鉢で培養し、植え付け位置の検討をします。

IMGP4366 (640x427)
切り取った不要な小枝、捨てません、最適期です、挿します!。


私が遊ばせて貰っているこの杜松も
その昔に誰かが挿したものです。
私が挿すこの小枝達も遠い将来誰かの天場に並んで欲しいものです。


盆栽は挿し木をもって尊しとなす

盆栽は盆栽の上に盆栽を作らず盆栽の下に盆栽を作らず

たしか昔、学校で学んだような!。

「バカも~~ん、誰もそんな風に教えておらん!
   お前の記憶回路は混線して居るようじゃ!、
     イカン、ワシの思考回路までもが過熱して来た!救急車を呼んでくれ!」

ピーポー  ピーポー  ピーポー ピー 

盆栽の神様~ぁ お大事にぃ~

「バカも~~~ん」

(;´д`) トホホ 


にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。