スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実生挿し黒松 食い込んだ針金を外す

去年の実生苗です。
水やり時に針金の食い込みに気付きました
IMGP4405 (640x427)

シメシメ良い所に芽吹いたようです。
更に腰の低い苗が作れます。
IMGP4404 (640x427)
この針金部分はもう不要です、
犠牲枝として走らせる事になります。

この針金を外してみると、
IMGP4407 (640x427)
下部に食い込みが見られるもののまだ大した食い込みではありません。
IMGP4409 (640x427)

この苗は大きく食い込んでいるようです。
IMGP4402 (640x427)
外すと、
IMGP4413 (640x427)
この位置からは不明ですが
根上り樹形を目指して根にも細工がしてあります。
更にこの針金キズが強調されれば景色の一部になり
より個性的な幹の樹になるかも知れません。

今日は針金外しがメインの手入れになりそうです
余り「好きくない心」の手入れなのです。(笑)
効きの悪い苗には再度針金を掛けておきます。
こっちは大好きな手入れですが!。

「バカもん、盆栽の手入れに好きも嫌いもあるか!   
    この苗達の将来の樹形がほぼ決まる重要な手入れじゃ 心して取り組め!」 

「以前に置いた肥料ももう効果がなくなる頃じゃ、
   お前の用土なら梅雨時でも肥当たりは起こすまい、替えておくが良い!
     写真では上手く誤魔化しておったが雑草も抜いておけ!よいな!」

「そうじゃ、忘れるとこじゃったぁ、
    玉肥が効くまで暫く掛かる!それまでは薄い液肥でカバーするようにな!」

(´・_・`)  トホホ ボンサイノカミサマ ナニモカモゴゾンシナノ゙デス



にほんブログ村
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。