真柏 呼び接ぎ構想

来春、数か所に接ぎ木して改作するつもりでしたが
待ち切れず(笑)星印に挿し木3年程の苗を呼び接ぐ事にしました。
IMGP4796 (640x427)

呼び接ぎ用として入手した三本の真柏苗。
IMGP4804 (640x427)
左端の苗には元気そうな小枝が有り
この苗を呼び接ぎとして使えそうです。
右端の苗は既に絞り込んでしまいました。

中央の苗をラフィアで保護し、
IMGP4809 (640x427)
負荷が幹に均等にかかるように
針金二本を 等間隔に巻き曲げておきました。
IMGP4810 (640x427)
もう、この苗は呼び接ぎには使えません。

右端の苗、白矢印の小枝をバックアップ候補とします。
IMGP4807 (640x427)

左端の苗の立ち上がりを更に絞り込んでおきました。
IMGP4816 (640x427)
呼び接ぎ接ぎ成功時までに
更に良い景色になるのでは?。
しかしこのままではイケマセン、
もう一曲欲しい所です。

真柏苗を見ると無性に曲げたくなります。
最早DNAに刻み込まれたか?
ネズミを見つけた猫のように!!
本能の赴くままに。(笑)

「バカも~ん、今回は構想倒れか!
   てっきり接ぐものと期待して居ったではないか!
      それに中途半端な構想図を書きおって
         最近は未来予想図にも熱意が無くなったようじゃなぁ!」 

(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ マズハ シタジュンビカラ゙デス



にほんブログ村
関連記事