スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真柏

明日にでも飾れそうな真柏ですが。
IMGP3552 (640x427)

右の後ろ枝付近の一枝がすっぽりと枯れました。
残った枝先も黄みがかっており時間の問題です。

針金が食い込んだ形跡もありません。
大きな枝の移動もしていません。
IMGP3553 (640x427)
済んだ事は仕方ありません、対処方を考えます。

A 何処かの枝を徒長させ空間をカバーする。

B 右側全てをジンにする。

C 呼び接ぎで作る。

A案  徒長させ空間をカバー
・枝を徒長させるのに二年。
・棚を割るのに一年。
・枝が落ち着くのに一年
 最低でも四年。(長いなぁ~)

B案   全てをジン
・下枝二本は芸がなく使い物にならない。
・追い込む小枝もない。
・ジンにするにしてもおりこうさんすぎて使い物にならない。
・腰が高い樹になり 使いづらくなる。
 主木にはならない。(最重要事項)

C案   呼び接ぎで   
・一番手っ取り早い!!。
 盆栽園へ苗木が有るか確認のTEL。
 有る、との返事即予約。

我家の挿し木最古参の一本です。
なんとしても再生させねば。








関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。