挿し木苗の針金掛け

篭に蔓梅もどきとマユミの挿し木苗があります。
IMGP4976 (640x427)

どちらかの枝を切らなければいけません
IMGP4986 (640x427)

芸もなくダラシナク伸びた下の枝をチョッキン。
IMGP4987 (640x427)

立ち上がりが不明な苗。
IMGP4991 (640x427)

不要枝を外しスッキリ。
IMGP4992 (640x427)

徒長枝で立ち上がりがぼやけています。
IMGP4993 (640x427)

片方の枝を切り針金整枝。
IMGP4994 (640x427)

上から見ると、前後左右に小さな振りを。
IMGP4995 (640x427)

どちらかの枝を切るべきだと思いますが、
IMGP4996 (640x427)

今回は針金を掛け、立ち上がりを寝かせて様子を見る事に。
IMGP4997 (640x427)

立ち上がりのゆるい曲、これではどうしようもない!。
IMGP5000 (640x427)

強めに曲を!。
IMGP5001 (640x427)

この苗もゆるい!。
IMGP4998 (640x427)

針金で曲を。
IMGP4999 (640x427)
最後の二本はラフィアを巻き強く曲を付け直して
再整枝した方が良かったようです、
ちょっと手抜き!!。

「バカもん、ブログにUPしなかった苗にも手抜きの手入れが見られる!」

「苗の一番大事な時期に基本の躾を怠るとは!!嘆かわしい!」

「お前自身にも子供の頃に厳しい躾がなされておらん!、それが今のテイタラクじゃ!」

(´;ω;`)トホホ ボンサイノカミサマノ キツイ ゴシテキ デス


にほんブログ村

ジンとシャリの化粧

石灰硫黄合剤の原液でジンとシャリの化粧を。
IMGP4649 (640x427)

IMGP4651 (640x427)

IMGP4652 (640x427)

IMGP4653 (640x427)

IMGP4655 (640x427)

IMGP4656 (640x427)


IMGP4657 (640x427)

IMGP4660 (640x427)

「写真だけで誤魔化しおって、このバカもん!」

(´・_・`)トホホ ボンサイ ノ カミサマ オイカリ デス


にほんブログ村

結実はしたものの残念!な樹達

蔓梅もどき
IMGP4920 (640x427)
残念!、挿し木苗でした。
IMGP4921 (640x427)

キンズ。
IMGP4924 (640x427)
花もありまだ結実しそうですが、
IMGP4923 (640x427)
小枝がまだ未完成、実が遠すぎて、残念!。
IMGP4922 (640x427)

コトネアスター?。
IMGP4927 (640x427)
挿し木床の中、樹形が出来ていない!。
IMGP4928 (640x427)

クチナシの実、私は何処でしょう~か?。昔のイモトのようです。
IMGP4929 (640x427)

ここです、ここで~す!真ん中で~す。
IMGP4930 (640x427)
樹の姿から見ると裏側です、残念!。

ニシキギ。
IMGP4932 (640x427)
結実は少ないもののバランス良く、
IMGP4934 (640x427)
是好さんの鉢にも入っていますが、
IMGP4933 (640x427)
表から見ると頭部に一個だけ、残念!!。

リオオリンピックのメダリストに顔が似ているだけで
再プチブレークした芸人がいました。

この樹達にもいつの日にかスポットライトが当たりますように!。

「バカもん、お前のこれからの手入れ次第じゃ!、偶然など当てにするでない!」

盆栽の神様にお小言を頂きました。

(´・_・`)トホホ


にほんブログ村

取り木色々 切り離し

根上りの根が数本枯れ、取り木で再生出来ないか?と。

姫桑の取り木の発根を確認する為に、
IMGP4354 (640x427)

裾を捲って見ると、
IMGP4356 (640x427)

充分に発根しています。
IMGP4358 (640x427)

見所はこの立ち上がりだけか?。
IMGP4359 (640x427)
この樹種は細かい事を言わずに自然樹形で作った方が良いでしょうね。

将来に備え、取り敢えず樹勢を付けなければ。
IMGP4361 (640x427)


錦木の発根を確認するため、
IMGP4362 (640x427)

ビニールを外すと、
IMGP4365 (640x427)
これも十分のようですが、
少しズレた位置からの一本だけの発根でした。
IMGP4366 (640x427)
反対側にカルスもあり、大丈夫でしょう。

欲しいのはこの部分だけです。
IMGP4367 (640x427)
取り木の前に針金で矯正してありました。

切り口にトップジンMペーストを塗り保護。
IMGP4368 (640x427)
幹肌が黒松のように荒れています。

正面から。
IMGP4369 (640x427)
ミニ盆栽としてのスタートです。

「本当に、羨ましゅぅございますワ、アタクシには木工用ボンドでしたの!」
IMGP4370 (640x427)
クチナシ夫人のお怒りはまだ収まっていないようですが、
応急処置の木工用ボンドが威力を発揮し傷口は完全に治っています。
今は棚隅で静かに静養中です。
これはこれで良かったのでは?。

「うんまあ、アタクシをこんな目に合わせておいて, これはこれで良かったですって、
          許せませんワ」

「盆栽家庭裁判所に訴えるザマス!」

((((;゚Д゚))))))) フゥー ヤレヤレ


にほんブログ村

取り木素材色々 発根確認

春先に取り木を掛けておいた樹々の発根が確認できました。

貰い物の美男葛です。
IMGP4308 (640x427)
透明なビニールの中に根が見えます、十分に発根しているようです。
IMGP4307 (640x427)

挿し木5~6年生の樹です、ほぼ真柏としての姿が出ましたが
立ち上がりの欠点を消すべく取り木が掛けてあります。
IMGP4310 (640x427)

以下写真中央部付近の鉢底網の目の中に複数の発根が見られます。
IMGP4311 (640x427)
IMGP4312 (640x427)

これも挿し木5~6年生ですがこれはまだ姿が出ていません。
IMGP4313 (640x427)
中央真下と、
アルミ線の横に発根が確認出来ます。
IMGP4316 (640x427)
まずは立ち上がりを作り、それに合わせて枝を配置する事になります。

梅もどき雄木の立ち上がりに雌木を呼び接ぎし
その後で「背取り取り木」を掛けたものです。
IMGP4317 (640x427)

ビニールポットの裾を捲ってみると、
IMGP4318 (640x427)
親指の先に数本の小さな根が確認出来ました、。

取り木位置や樹により覆った素材はそれぞれですが
「発根の確認」では透明なビニールが一番良いようです。

他にもビニールポット鉢で覆った取り木素材がありますが、
これらは発根の確認が困難です、
上から抑える事で硬さの変化が分かれば良いのですが、
これがなかなか難しいのです。

十分な発根が確認出来次第順次植え替えるつもりです。


にほんブログ村

明日はゴミの日

捨てていた根から発根。
IMGP3805 (640x427) 
一才ズミ?


IMGP3800 (640x427) 
つるうめもどき? まゆみ?。



IMGP3798 (640x427)
 一才ズミ?。これ程になるまで気づかぬとは!。立ち上りが不安定のため針金で補強。
IMGP3807 (640x427)


明日はゴミの日、
植え替え時の根を捨てている
ビニール袋を整理していたら
何かが生えているのを発見。
草の中に木質が数本あり掘り出す。
根伏せ発根状態の3本をスリット鉢に
植え付けておきました。

ニューハーフ化計画の失敗と構想

春の作業の結果が出始める頃です。
IMGP3291 (640x427)
接ぎ木は失敗したようです。常磐柿雄木に雌木を接ぎましたが 接ぎ木苗の展開が見られません。
IMGP3293 (640x427)
立ち上りだけを生かし小さく作り直そうとしましたが残念!。
呼び接ぎを掛けましょうか

ツルウメモドキの雄木に雌木を接ぐ計画を立てました。
2曲目の中心付近に接いではどうか?と
IMGP3292 (640x427)
この時期は呼び接ぎの適期です。すぐに実行。
IMGP3295 (640x427)
秋には結果が出ます。
常磐柿もこれを書きあげたら即実行します。
「やってみなはれ」です。

取り木色々

挿し木素材の中から 強い曲の直下で杜松に 取り木。
IMGP3267 (640x427)
針金を幹に巻くなど 準備してあった数種類を一気に作業。
IMGP3271 (640x427)
作業後数えたら9本になっていました。

これでは確率が計算しずらいと 棚に忘れ物はないかと物色。
針金の巻いてあった真柏を加えて合計10本に。

[ちょっと待て!、確率など今時スマホでも簡単に計算できる]
[9だから縁起が悪いとかの理由なら分からんでもないが]
「お前の脳味噌の中身が知りたい!!]

赤みそと田舎みそのミックスです。

[バカもん くだらん事を言うな!]

人智の及ばぬ事なら縁起でも良いですが
私の全知全霊を注いで準備して来ました、
失敗は全て私の責任です。

[お前の全知全霊など高が知れておるが!]

[もっともらしい事を言いおって

       しょうがない100%の成功を
                     
                盆栽の神様に頼んでおいてやる]

えっ! え~っ!!?。

あなたは一体誰???。




藤の花?の開花

たぶん藤の花だと思います、かわいい花が咲きました。
IMGP3158 (640x427)
先月、我が会の長老より電話
「 あおつづらふじの根っこが たくさん有るから取りに来い」
88歳になられるのにいまだに山取りが大好きなのです。
「イタドリを探しに行ったが無かったので 去年も取って来たがこれにした」
去年の根は根伏せで10本近く発芽しました。
本当にお元気なのです。
挿し木された樹の中から
「ついでにこれも持って行け」と
他にも数種類あったので名前を確かめもせず頂いて来ました。
今月の勉強会にはこの写真を持って行って確かめてこなければ。
少しでもあやかれるように!!

無縁の晴れ舞台

桑の実
赤く色づき始めました。あと少しで黒くなり見頃を終えます。
IMGP2432 (640x427)


香丁木
この樹の最初の花が咲きました。
枝先全てに蕾を持ちあと少しで満開 。
IMGP2426 (640x427)
全ての樹にそれぞれ最高の見所があります。

只 「晴れ舞台の展示会」は この時期ほとんどありません。

この樹達にとっても最高の鑑賞時期を ひっそりと終わってしまう事は残念でしょうね。

展示会場で「いいねー」「すごいねー」「うわーぁかわい~ぃ」等の

賛辞の声が聞ければ蔵者にとっても一年間の苦労も報われます。


展示会に無縁の樹達にも今はネットの時代です。

最高の見頃を迎えた樹をお持ちの方は

「ジャンジャンバリバリ」投稿してやって頂きたいですネ。

あなたの愛樹の「最高の晴れ舞台」のために!!


投稿者にも いいね を!!









タツナミソウ

盆栽の雑草を抜いていたら
「きれいな花ね 名前は?」
「知らない」
「どうするの」
「抜く」
「ちょうだい」

この時期(花の満開時)に大丈夫かと心配しながら移植。
IMGP2413 (640x427)
マクロレンズの世界で観ると綺麗ですネ。
IMGP2411 (640x427)
盆栽に興味のない女房と
花に興味のない私とでトレード成立。

「名札」を付けられあれから一年。

あ~ あれから40年 女房の花に!!。


フラットスタンリー君の来訪

先週末アメリカからフラットスタンリー君が我家に来ました、4年ぶりです。
小1の孫が書いた人形の絵ですけどネ。
世界中からの移民が作った国ですから
父母や祖父母の出身国へスタンリー君が里帰りして
風俗、文化、お土産、写真を持ち帰り 
地理や文化を理解させる1年生の授業の教材の一つだそうです。

IMGP1774 (640x427)

始めに私の第一の趣味である盆栽の世界を案内しました。
ただこの時期雑木に見所ある樹が無かったので
反則承知でこの飾りです。
あったとしても翻訳に困るといけませんからネ。

これなら滝に懸かる松の老木と
近くに小さなスミレの咲く
早春の山の中の 小道の風景で済みですから。

盆栽飾りの中へ人が入り
その景色と盆栽の樹が過ごして来た長い年月を
想像して楽しむ心の遊び みたいな事を書いておきました。
(私にも盆栽飾りは難解でこれでは説明不足ですけど)


「こいのぼり」とスタンリー君
IMGP1795 (400x267)

IMGP1925 (267x400)
水の中に生きる魚を青空に泳がせる発想は
世界に類を見ない日本人独特の感性の一つでしょうね。


熱田神宮では「お宮まいり」の着物を着た家族と
赤い蛇の目傘をさして(当日は小雨)
参道を行く紋付羽織袴の新朗、白無垢、角隠しの新婦など
日本人でもあまり目にする事が少なくなった風景を撮りました。
名古屋城の「おもてなし武将隊」も撮影予定でしたが
一緒に行った孫娘がお腹がすいたというので
回転寿司で昼食にしました。
撮影計画にはなかったのですが
思ってもいなかった良いシチュエーションでした。
レーンを流れる寿司とスタンリーくんの写真を撮り
撮影は終了としました。

私たちが普段見慣れた風景でも
異文化の子供たちには衝撃的ではないでしょうか?

少しでも日本の文化を理解してくれて
日本の事を好きになってくれる事を願い写真を送りました。
もうじき学校の先生に届くはずです。


盆栽が楽しめ 写真が楽しめる事を感謝し

家族の安寧と世界の平和を願い 

アメリカのクラスメートたちに幸多からん事を

お祈りして来た事は当然ですけどネ。


遠い将来このクラスメートの中の一人でも

盆栽を好きになってくれる事が私の夢です。



さあもう遅いから寝よう

いい夢が見られたらいいなぁ!!。