ワンコイン真柏の改作 その2 樹冠部の移動

樹冠部の移動を考えています。
写真では分かりませんが前へ被り過ぎています。
IMGP7154 (640x427)
この位置で作る場合には、一度右へ反した方が良いのではないか?、
一曲目も更に絞り込むつもりです、
今のままでは左へ流れ過ぎるようです。

考えているだけで曲がってしまいました。ホンマカイナ?
IMGP7170 (640x427)
ウソです。(笑)

電動ドリルで芯を抜き、
IMGP7168 (640x427)

ラフィアで保護、針金をかけ、絞り込み。
IMGP7171 (640x427)

上から。
IMGP7169 (640x427)
60度程の移動です。

そして今や恒例になってしまった未来予想図です。(笑)
とてもこれがワンコインだったとは思えません。
IMGP7175 (640x427)
しかし間延びした役枝には追い込む懐枝がなく
手繰れる距離でも太さでもありません。

「ワンコイン真柏の改作 その3」は
“一曲目の更なる絞り込み”か、
“役枝の懐への接ぎ木”記事のどちらかになりそうです。

今のところ「・・・その7」ぐらいまでの改作構想があります。
来春以降の作業ですが!。

まだまだ遊ばせてくれる樹です。

「来年じゃとぉ!、携帯電話のCMでも鬼が笑って居るではないか!
   改作構想がその7まであるとは聞き捨てならぬぞ!
      あまりにも笑わせ過ぎて鬼を苦しませるではないぞ!可哀想にのぉ!」

(´・_・`) トホホ オニサン ゴメンナサイ



にほんブログ村

持ち崩された真柏 再生構想

20年程前に退会された女性会員からの貰い物です。
殆んど手入れされた形跡がありません。
IMGP6924 (640x427)
枯れた枝の先端部分は切ってあります。

反対側。
IMGP6925 (640x427)
このままで作るなら文人風ですが、私の守備範囲ではありません。
葉性が悪く、糸魚川性へ衣替えするつもりです。

追い込む懐枝も一切なく、葉色も悪く
今にも枯れそうなくらいです。
IMGP6928 (640x427)
暫く植え替えられておらず、
竹串を鉢底まで挿して穴をあけ
水捌けの改善をしておきました。

樹冠部のここを赤線で取り木すればミニの懸崖が一本作れそうです。
IMGP6926 (640x427)

ペイントソフトで斜幹体の模様樹として樹形構想を描いてみました。
IMGP6922 (640x427)
ガレているものの、20年以上小さな鉢の中で生きて来た樹です。
何とか再生できないものかと考えています。
鉢だけは新渡とはいえ時代も付きかけています。

根は袋式の中で回りきり、簡単には抜けそうもなく、
根切りした場合、どれ程の根が残るかも心配です。

来年の適期を待ち植え替え、
駄温鉢で数年間養生し樹勢を回復させるつもりです。

取り木、接ぎ木の改作はその後の作業にしなければいけません。

果たして樹勢を回復させられるか?。

(´・_・`) フゥー...


にほんブログ村

杉葉ミニ真柏懸崖の整枝 

ミニ真柏が姿を乱しています。
IMGP6753 (640x427) (2)

当然です、ALL杉葉で放置されていました。
IMGP6756 (640x427)
シャリはこの位置が一番良いようです。

「どげんかせんといかん」と整枝を。
IMGP6758 (640x427)

「おみゃぁさんの腕では、まっと やっとっても、
         めっちゃんこん なるだけだわぁ~ まぁ~やめときゃぁ~!」

あれっ 貧乏神様お久ぶりです、イントネーションも完璧ですね。(笑)

私より二回り程上の人達の名古屋弁です、
           暫くそちらに滞在されて居られたのでは?。

「ほかはいかんわぁ、 すたこいたぁ、ここがいっとうあんきだでいかんわぁ~
                まぁーいっぺん 帰ってきたったわぁ~!」


(´・_・`) トホホ オカエリ イタダカナクテモ ヨカッタ モノヲ

翻訳
「貴方の腕前ではこれ以上やっても 
    めちゃくちゃになるだけでしょうね もうやめておいた方が良いと思いますよ」

「ここ以外は駄目ですね、苦労しました、ここが一番安心だから 良いですね 
                      もう一度帰って来てあげましたよ」

面白くもなんとない会話ですね!。


名古屋生まれで名古屋育ちの私です。

南へ少しだけ離れた当地ですが

この心地良い響きも近頃では耳にする事は全くありません。

しかし故郷の言葉が「一番ええでいかんわぁ~!」。



にほんブログ村

真柏 シャリの検討

挿し木から作ってきた真柏です。
幹中央付近が太ってしまい、元細に見えます。
IMGP6893 (640x427)
露出した根に彫り込んだシャリも景色を出し始めています。

太ってしまった部分にシャリを入れて、目線を誤魔化してはどうか?とチョークを塗ってチェック。
IMGP6892 (640x427)
少しアップで。
IMGP6891 (640x427)
目立ちませんが上部に少しだけ彫ったシャリがあり
これももう少し広げるつもりです。

小枝の充実に伴いこの鉢ではバランスが崩れてしまいました。
来春には尚古堂か木瓜の鉢に植え替えを予定しています。
尚、この形の鉢は根が充満しすぎると樹が抜けなくなる鉢なのです。
そろそろ危ないかも知れません。


にほんブログ村

ワンコイン真柏の改作  

展示会即売品の真柏です100円ではありません、念の為。(笑)
IMGP6545 (640x427)
写真中央部を電動ドリルで芯を抜き、
ラフィアで保護し絞り込み完了。
ドリル予定 (640x427)
次は写真中央の赤丸の芯を抜き正面側(こちら側)へ絞り込みたい。

上部の枝を正面(左)へ移動させたいと上をラフィアで少しだけ保護し、
IMGP6556 (640x427)
針金を絞り始めると、
メリッ メリッ 一番聞きたくない音が。
IMGP6557 (640x427)
緊急常備薬「木工用ボンド」を塗り、上からラフィアを巻き直す。、

下の部分へもラフィアを追加し、
IMGP6558 (640x427)

電動ドリルの入手で出番のなくなったドライバーを添え絞り込む。
IMGP6559 (640x427)

下の針金ではここが限度。
IMGP6563 (640x427)
絞り込む場所を上の針金に変え再度絞り込みを

今日はここまで、ほぼ思い通りに。
IMGP6573 (427x640)
下の針金も再度絞り込んでおきました。

弄り過ぎて鉢から抜けましたが
IMGP6570 (640x427)
裏だと思っていたここに新しい正面がありそうです。
この位置だとゴムの当たった一曲目をもう一度絞り込みたいですね
直立の立ち上がりも面白くありません。

少し傾けここはどうか?。
IMGP6574 (640x427)
入手時に前の持ち主が「根が浮いているから!」とのネガティブな話でしたが
いやいや、ここが面白い、何とかしてみますと連れて来た木です
これなら引き根として使えます、反対側の根は太らせた後でジンにでもできたらと!。

暫く様子を見ながら、どんな姿に成りたいか?この樹と相談しながら整枝します。


「とんでもない奴に捕まっちまったぜぇ~、
    今までたいした手入れもされず、ノ~ンビリと過ごしていたのに
           まだ絞り込む!とか 傾けるとか! 今日はここまでっ!とか」

「相談だって~ぇ!冗談じゃぁね~よ 出来りゃぁ 元の姿に戻して欲しいぐらいだぜぇ!」

「新入りかい?、諦めな、運の尽きだぜ!」

「枯れねぇ~ようにお前が自分で頑張るしかねぇ~ぜ!」

何やら樹達の嘆きが聞こえます。

(´・_・`) トホホ


にほんブログ村

真柏 挿し木の準備

昨日投稿の極安で落札した「ヤフオクあるある」の真柏です。
ラフィアと針金を巻いただけの状態。
IMGP6700 (640x427)
これだけ太い枝は自由に曲げる事は出来ませんが
接ぎ木成功時には切り捨てられる枝です、
この取り木構想も入札を決めた要因でもあります。

付け根から取れれば双幹にもできますが
IMGP6743 - コピー (640x427)
模様樹と懸崖を作るつもりで針金掛けをしました。

左の木を反対側から、右の木を隠して。
分かりやすいのでイラストは不要。
IMGP6740 (640x427)

赤の懸崖とピンクの模様樹で。
IMGP6730 (640x427)

懸崖樹形で。
IMGP6741 (640x427)

杉葉ばかりとはいえ、枝には懐枝が十分にあります。
思い通りに追い込む事ができ、取れれば楽しみな素材ばかりです。

予定の作業が終わったので輸送用のラップを外し、根張りを確認。
IMGP6747 (640x427)
再度お絵描きソフトで接ぎ木構想を、昨日とは樹形構想が少し違うようです。(笑)
その時までジックリと観察し最適な場所と樹形を探し出したいと思っています。

以上はあくまでも、取り木と接ぎ木の未来予想図です。

そして盆栽の神様の言われる「捕らぬ狸の皮算用」です。

しかし盆栽用語的には「樹形構想」とも言います。(笑)

「屁理屈を並べおって、全部成功してから言え!、バカもんが!」

(´・_・`) トホホ


にほんブログ村

真柏 種木到着

ヤフオクで数週間落札されず
開始価格が見る見る内に下がってしまい
送料の方が遥かに高い「ヤフオクあるある」の真柏です。
IMGP6696 (640x427)
上部は全て取り木、挿し木素材にするつもりで
適期まで針金で曲を付けておきます、
我家の真柏にはもう挿し穂が採れるような樹が殆どありませんから。
但し、全て杉葉です、これでは誰も入札しようとは思わない筈です。(笑)

しかし立ち上がりに面白い曲があり、ここを生かせないか!と。
この立ち上がりに来春「杉葉の出ない真柏の小枝」を接いで作り直すつもりです。
IMGP6697 - コピー (640x427)
小品盆栽は立ち上がりに一曲さえあれば「それなりの樹」が作れます。


「あのバカが、またまた脳天気な絵を書き居って!、
  “捕らぬ狸の皮算用”をするなと口酸っぱく言っておるのに!懲りん男じゃ!」

「接ぎ木だって成功するとは限らぬものを!」

「完成までどれ位の時間が掛かると思っておるのか!
               脳味噌の中を知りたいもんじゃわい! 
   イカン イカン あいつの事だ、また馬鹿げた返事をするに決まっておるわ!!」

「残り少ない人生じゃ、好きなようにさせておいてやるのも良かろうかのぉ」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマ トウトウ サジヲ ナゲラレタ ヨウデス


にほんブログ村

改作予定真柏 ジンの移動

何やら盆栽ブログらしからぬ光景です
IMGP6834 (640x427)
真柏改作時の嫌味なジンに気付きました。

これ位の位置で改作予定ですが、ジンが真下を向いてしまいます。これはイケマセン。.
IMGP6829 (640x427)
ラフィアで保護、針金を掛け、レジ袋で完全武装!。
更に枝葉、水ミチは紙を丸めて保護してあり、
万が一、袋に熱湯が掛ったとしても紙の断熱効果で守ってくれます。

ヤカンの熱湯を少しずつ掛けながらジンを移動。


真下を向いていたジンが移動出来ました。
IMGP6837 (640x427)
乾燥すれば固定されますが当分の間このままで。
改作後バランスを考慮しイヤミな部分を短くする事があるかも。

「私を出さないで欲しいザンス シェー」  イヤミ



にほんブログ村

真柏 改作樹形決定とジンの準備

先日投稿の真柏です。
この位置で作る事にしました。
・早く作れる
・小さく作れる
・真柏らしい厳しい樹姿になる
IMGP6715 (640x427)

A案
IMGP6678 (640x428)
現在の樹冠部を全てジンにし、この位置で朱泥鉢に植え替える。

コピー用紙で隠した樹冠部の幹や小枝にシャリを入れました。
IMGP6714 (640x427)

IMGP6712 (640x427)

IMGP6711 (640x427)
樹姿の完成まで少なくても数年は掛かります。
その間ここを生かしておけば、
ジンにしたとき景色が作れるのではないかと考えています。

彫刻では彫り得ない姿です。
IMGP6717 (640x427)

IMGP6716 (640x427)
上の二枚の写真はシャリが彫ってあった幹と枝をジンにしたものです。
決して人為的に作れる芸ではありません。
改作時に即ジンにしたのでは丸幹、丸枝のままの風情のないジンになってしまいます。
その後、彫刻刀でこれ程の景色を彫る腕前は私にはありませんから。


PS
IMGP6776 (640x433)
植え替えまでの間、水やり後には写真の方法で管理します。
これなら「下枝」ではなく「上枝」としての養分が貰えるのでは?。
真柏も黒松同様頭部の枝は強く下枝は弱いようです、
この記事の内容はあくまでも素人考えです、
良い子は参考にしないでね。(笑)


にほんブログ村

真柏 改作案二態

以前投稿した樹です。
天場に飾る樹を作ろうとしていましたが、下枝が一本ずつ枯れ無残な姿です。
IMGP6670 (640x427)
このまま持ち込んでも良くなる可能性はありませんし
長年変化のない、この姿も見飽きました。

少し前より頭部の枝を全てジンにしてはどうか?と考え始めています。
IMGP6666 (640x427)
真柏らしい風雪に耐えた厳しい姿が出せるのではないだろうか?。
そして植え付け位置も右へ倒し、樹高を短縮し、
水平になってしまった効き枝を幹に引き寄せてはどうか?と。
A案
IMGP6666 - コピー (640x427)

或いは、今ある枝を整姿し直し、
右二本の枝を伸ばして(PCソフトで)
大物盆栽のような樹姿にしてはどうか?とも。
B案
IMGP6677 (640x427)
樹芯下のジンの上まで枝葉で隠れるように整姿できないか?。
優柔不断な性格でまだ決心できません。


B案に整姿後、A案のように幹を傾け再度確認。
IMGP6686 (640x427)
メジャーを当ててみると。
IMGP6692 (640x427)
鉢もペイントソフトで。
IMGP6678 (640x428)
引き根を効かせた植え付け位置で朱泥の小さな鉢に。
これなら枝葉が充実しても小さく作れるのではないか!。

天場に飾る主木用ならB案で、
ハネ出しに飾る樹ならA案ですが
さてどっちにしたものか?。

「どうしたんじゃ?らしくもない!お前が悩むとはのぉ!
    いつも何も考えず本能のままに行動しておるではないか!」
             
「何処か、具合でも悪いんではないか?、救急車でも呼んでやろうか?」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマニ ヨケイナ ゴシンパイヲ オカケシテイマス


にほんブログ村

真柏 樹形構想

直立した挿し木の数年生を入手し曲付けしてありました。
現時点で挿し木後4~5年程経っているのでは。
IMGP6610 - コピー (640x427)
上から。
IMGP6612 (640x427)

同じく、針金を外した状態。
IMGP6611 (640x427)
上から。
IMGP6613 (640x427)
役枝も揃い、シャリを入れ次の段階へ進ませなければいけませんが
この形でシャリを入れても良いものだろうか?、
もう少し良くならないか!もう少し変化が欲しいと、樹形に納得がいきません。

上の樹は移動出来る枝を少しづつ絞り込みました。
IMGP6624 (640x427)

下の樹の左へ伸びる枝は幹に対して太り過ぎ、真っ直ぐ過ぎでした。
IMGP6618 (640x427)
シャリやジンに加工した時に景色が出るよう曲げておきます、まだ足りませんが。
写真右中央の枝も真っ直ぐでした、これも将来用に曲を付けてあります。

幹を余りにも潰し過ぎたようです、シャリを入れたとしても目立ちません。
IMGP6620 (640x427)
竹箸を適当な長さに切り、幹を広げてあります。
この位置で固定されれば、昇り竜のようなシャリが彫れるのでは?。

「一本はさらに絞り込んだだとか
     絞り込んだ曲を伸ばしただとか
         幼稚園児が積み木やレゴで
             気まぐれに遊んでおるような光景じゃ!」

「思って居るほど変わってはおらんぞ!」

「もっと計画性を持って手入れが出来たら良いのになぁ!」

「脳天気なあいつには無理な注文かも知れんが!」

(´・_・`) トホホ ボンサイノカミサマ ドコカデ ゴランニナッテ オラレル ヨウデス


にほんブログ村

真柏 針金のくい込み

女性会員が今年「ハネ出し」に飾った真柏です。
IMGP6482 (640x427)
展示会リハーサルでこの樹に再会した時愕然としました。
針金がくい込み過ぎています、外せなければ飲み込んでしまい
最悪の場合大切な樹芯の枝が枯れてしまいます。

展示会終了後即針金を外す。
IMGP6492 (640x427)
一本ずつ枝先から細い針金の順に丁重に外す。(掛けた時とは反対に)
IMGP6496 (640x427)
ここが一番くい込んでいた頭部への枝です、皮の剥離も無く無事に外せました。

上記作業から一週間近くが経ち枝枯れもありません、シャリを広げる事に。

今回入れたシャリ。
IMGP6577 (640x427)
同、上から。
IMGP6578 (640x427)
連続しているか!のように見えますが、全て単独です。

そして、な、な、なんと自然に出来ていたシャリ。
IMGP6575 (640x427)
この樹のシャリ入れの手始めにと、
ここからシャリを入れるつもりで水ミチを確認していたところ、
幹に生気を感じません、少しずつ表皮を削って行くと写真のようなシャリが出て来ました。

数年前の表裏変更、樹高短縮の改作時には無かったと思います。(気付かぬだけか?)
このシャリに気付かず今ある細い水ミチを切断していたらと思うとゾッとします。

カメラを右に45°振ってここが新正面か?。
IMGP6585 (640x427)
このシャリ幹とジンが一番良く見えるこの位置で枝葉を再配置する事にします。

樹芯の枝に針金キズがあり動かせませんので今回はここまでで!。
IMGP6589 (640x427)
半月程経過したらジンとシャリの化粧を済ませ
来春に植え替えてからお返しする事になりそうです。


「これがあの樹!本当に私の樹!」と以前のように驚く改作にはなりませんが

「ちょっと変わったみたいね?」位の変化にはなるでしょう。

出来れば「主木」として天場に飾れるほどまでにしたいと思います。


にほんブログ村

ミニ真柏 初めてのシャリ入れ

植え替え後の根も落ち着き
幹がグラグラしなくなりました。
そろそろシャリを入れる事に。

シャリ入れ後。
IMGP6088 (640x427)
シャリが連続して立ち上がって行くようにも見えますが後側は丸幹のままです。
癒着が進んだ時点で表と繋がっているかのように彫ればいいのです。

ちょっとアップで少し下から。
IMGP6091 (640x427)
今、針金の掛かっている箇所にもシャリを入れたい所がありますが「慌てない!慌てない」。

以前投稿時の姿。
IMGP5083 (640x427)

シャリ彫り前に確認をしたところ、(みずみちを切断しない為に)
4~5本寄せたつもりでいましたが、赤線と黒線の2本だけの寄せ植えでした。
IMGP6092 (640x461)
幹の太りに合わせシャリを広げながらこのまま持ち込んで
左上「プロフィール」の写真のように作れればと考えています。
双幹の挿し木苗から作ったあの樹もここからのスタートです。


私達の展示会から半田の展示会まで絶好の展示会日和でした。

流石に盆栽の神様にお願いしただけの事はあります。

お供えに当地のサントリーウヰスキー「知多」に
チェイサー、氷、ウイルキンソンを添えてお礼のご挨拶をしよう。

「何やら伴天連の言葉が並んでおるのぉ、ワシにはチンプンカンプンじゃ!」

ウヰスキーは西洋のお酒です「そのままで少し飲んでからチェイサー」を
「氷を入れてオンザロック」に「炭酸水を入れてハイボール」にと
   色々な飲み方をお楽しみください。

「すまんのぉ、美味そうじゃなぁ~、
  一つの酒でそんな飲み方ができるのか、楽しみじゃのぉ~
     じゃがお前の下心は見え見えじゃ!
        いつも安酒ばかりを飲んでおるから
    これを口実に“御下がり”を狙っておるんじゃろうが!」

(´・_・`)トホホ ボンサイノカミサマ スベテ オミトオシデス



にほんブログ村

真柏 迷木に表裏なし(笑)

ボンヤリと考えながらこの樹のシャリを広げていました。
この鉢は360°正面に出来るのではないだろうか?、
足の正面を長方穴にするか?丸穴にするか?で決まります。

だったら、両方が正面として使えるように整枝してみて
裏面は多少の鉢正面の融通が効くのではないかと!。

無謀にも「名木に表裏なし」への挑戦です。(笑)

整枝後の現正面。 挿し木10年程  鉢 佐太郎 丸  9.5×4㎝
IMGP6000 (640x427) (640x427)


丸穴を正面にした裏面。
IMGP6149 (640x427)

少しずらして角穴を正面に。
IMGP6148 (640x427)
立体を表現出来ない写真では裏面でも見られそうです。

しかし上から見るとやはり右流れの樹が正解です。
IMGP5999 (640x427) (640x427)
私の迷木は表だけでも頼りない姿です。トホホ


「10年後のにほんブログ村を見て来たぞ、
   VR技術を導入して皆が臨場感満載でアップしておる!
       本物の盆栽を手に取ったように重さまであり、上下左右全周が見える、
          お前のヘッポコ盆栽なぞは恥ずかしくてアップ出来んようになる!!」

その頃、私もまだ元気でアップしているでしょうか?盆栽の神様

「余りにもビックリし過ぎてそこまでは、見てこなかったぁ、すまんのぉ」

(´・_・`) オヨヨ ソコガ イチバン シリタイ コトナノニ ザンネン!


にほんブログ村

長老の真柏 展示会準備完了

久しぶりに長老の真柏を整姿する事になりました。
IMGP6076 (640x479)
細部まで針金を掛け、

IMGP6071 (640x427)
水アカで汚れた、立ち上がり付近のジンを掃除し、

IMGP6074 (640x427)
樹冠部下のジンも、

IMGP6072 (640x427)
苔を張りワンポイントにヒゴケを少々、(ちょっと多かったか?)

IMGP6073 (640x427)
鉢を洗い、少量の椿油でゴシゴシ、微細な汚れも落ち艶も出ました。

少し体調を崩され一か月程のリハビリ入院が必要との事で、
「真柏専科」の私に文字通りお鉢が回ってきました。
他の樹の微調整は会長がされます。


そうだ、盆栽の神様に一日も早い回復をお願いしよう。
お好きなお神酒にコンビニスイーツを添えて!。

太い巻物で担当の神様を検索中です。

「安心いたせ、間もなく完治するとのお告げじゃ!」

「ちょっと言い難い事じゃがのぉ、お神酒にスイーツは合わんぞ!」

「以前にスイーツを頼んだワシにも責任があるがのぉ」

(´・_・`) トホホ モウシワケゴザイマセン カミサマ 


にほんブログ村

先日投稿の杉葉真柏  整枝

しばらく手入れせずに放置してあり、
乱れた姿を我慢できず整枝してしまいました。
挿し木10年前後
IMGP5961 - コピー (2) (640x427)

以前の樹姿。
IMGP5823 (579x640)
樹芯が前(左)にかぶさり過ぎ、杉葉が治ったとしても使い物になりません。

右から。
IMGP5962 (640x427)

左から。
IMGP5963 (640x427)

全体図。
IMGP5965 (640x427)
また、ご機嫌を損ねてしまってもイケマセン。
まだ余分な部分も見られますが針金整枝に留め、
不要な枝や葉は抜いていません。

杉葉になり無駄な時間を過ごしてしまいました、
一日も早く戦列に復帰して欲しいものです。


「バカもんが!慌てて作業をしおって、もう少し待って完全に回復してからで良いものを!」

「八百万の神様や初恋の女神様と楽しく過ごして居るのに、余計な事を!!、
        こんな些細な事で戻って来なければならないとはなんとも情けない!
  時間と空間を自由に移動できるとは言え、いくらワシでもご機嫌ナナメになるわい!」

「イカン、無駄な時間を過ごした、神様サミットの時間じゃ!、早く出雲大社に復帰せねば!」

(;´д`) トホホ ボンサイノカミサマ ゴメイワクヲ オカケシテ イマス



にほんブログ村

ミニ真柏 整枝

挿し木数年生を入手し整枝してありましたが
所々に針金のくい込みが見られます。
IMGP5834 (640x427)
矢印5か所に少しキズが付いてしまいました。
IMGP5844 - コピー (640x427)
「腰は痛いわ!、腕は曲げると折れそうだわ!、
 これが少しのキズってかあ! ったく冗談じゃねぇぜぇ~!

小指程の太さの枝を挿したもので、前面のジンは挿す前からあり、
挿し木中に用土の中で変色してしまいました。
IMGP5847 (640x427)
針金を外すと,たいしたキズは付いてないようです。
IMGP5850 (640x427)
「腕をラフィアギブスもなしで曲げておいて、
 まだキズはないだってぇ 折れなかったのが不思議なくらいだぜぇ~!
  良く言うよなぁ~まったくぅ なに考えてんだかなぁ!


キズが癒えるのを待ち、再整枝します。


「あんた、ここの生まれだって?、あの“キズが癒えたら再整枝”ってなんだ?」

「もう一度針金を掛け直す事だよ」

「やっと楽になったと思ったらまたあの地獄の世界へ戻るのか?」

「ここの先輩達を見て見ろよ、皆そうやって来たんだぜ!」

「真柏苗組合を作って抗議しようぜぇ!あのバカ盆人に!

w(゚o゚)w アレレ ボンサイダナノ ウエガ サワガシイ  ナニカ アッタンダロウカ


にほんブログ村

真柏の手入れ色々

小枝に食い込んだ針金を外した姿。
IMGP5779 (640x427)
針金切りで一山づつパッチン。
IMGP5780 (640x427)
盆栽の手入れで嫌いな部類の作業です、面倒くさい!。

展示会に使う予定の樹のジンとシャリを化粧する事に。
IMGP5783 (640x427)
100均グッズです。

葉が汚れないようにレジ袋で保護。
IMGP5789 (640x427)

展示会に使う予定の樹のシャリ幹に塗り、
IMGP5790 - コピー (640x427)

ジンに塗り、
IMGP5800 (640x427)

そして後姿にも。
IMGP5802 (640x427)

挿し木から20年以上育てた幹にも。
IMGP5797 (640x427)

衣替えとして接いだ枝に彫ったシャリにも。
IMGP5799 - コピー (2) (640x427)
矢印付近が接いだ所です、もうすっかり馴染んで分かりません。

以前に彫ったシャリも両側が盛り上がり、景色を出し始めています。
狭くなって来たシャリにも大中小の5本セットで
思い通りに石灰硫黄合剤を塗る事が出来ました。

日本製と違い筆にコシがなく使いにくい所もありますが、
値段を考えればそこまで要求するのは酷です、
盆栽貧乏録としてはこれが相応しいのです。

「とうとう貧乏録を極自然に使いおったな!、
     ワシのマインドコントロールが効いて来たようじゃわい!」

「その内にブログのタイトルも“盆栽貧乏録”になるであろうのぉ!」

((((;´・ω・`))) トホホ ボンサイノカミサマ ソレダケハ ゴカンベンヲ


にほんブログ村 

ミニ真柏 シャリの拡大と整枝

シャリを広げたついでに乱れた枝葉を整枝、ハイ・ポーズ・パチリ。  
IMGP5698 (640x427)
挿し木5~6年生 樹高 4㎝  鉢縁より 6.5㎝  鉢  陶寿 4.8×3.6㎝
 
広げたシャリをアップで。
IMGP5704 (640x427)
一気に彫っては風情が無くなります、
肉巻きを待ち少しづつ広げています。

後側。
IMGP5705 (640x427)
正面から見て纏わり付くように裏面へのシャリが入っています。
裏面には必要以上のシャリを入れていません。

鉢の右側より。
IMGP5706 (640x427)
10日程して石灰硫黄合剤の原液で化粧して出来上がりです。


にほんブログ村

真柏 整姿

真柏を整枝しましたが、
IMGP5528 (640x406)

この樹の最大の見せ所のシャリ幹とは正面がズレてしまいました。
IMGP5530 (640x427)

鉢に針金を回し絞ってみると、
IMGP5541 (640x435)
棚割は表現できますが頭部が下がり過ぎます。

次に立ち上がりから絞ると鉢の正面がズレましたが
何とか合格ラインに収まりそうです。
IMGP5551 (640x427)
もう少し絞り込んでおいて、植え替え時に幹を起こし
右最下枝を伸長させれば理想の姿になるのでは?。  


再度挑戦!。


樹冠部を幹の途中から絞り、木片で幹を起こし調整、ここが一番良いようです。

挿し木15年程、 樹高 6㎝ 鉢縁より10㎝  鉢  壺堂彫り  丸 7×8㎝ 
IMGP5578 (640x427)

上から。
IMGP5573 (640x427)

ちょっと引いて、全体図。
IMGP5581 (640x427)
鉢正面にもピッタリと収まりました、メデタシ メデタシ。
但し、正三角形に近い樹形です、これではイケマセン。

今後の課題
・右枝を伸長させ、不等辺三角形に仕上げる。
・即、左最下枝をジンにすればそれも不要。

さてどっちを選ぶ!!!。


2015/5/8 初投稿時の樹姿。 鉢  壺堂彫り  丸 7.5×6 ㎝
IMGP3089 (640x427)
もう一度これくらいの低い鉢に植え替えた方が合いそうです。

たった一年で驚く程成長しています、
昔からカメラも趣味でしたがブログを始めるまで
盆栽の写真を撮ることがありませんでした
挿し木からの成長記録写真を撮ってなかったのが残念です。トホホ


にほんブログ村

ミニ真柏 懸崖樹形の整姿

しばらく手入れのしてなかった樹です。
樹姿が乱れています。
IMGP5430 (640x427)

棚を割り整枝完了。
IMGP5443 (427x640)

立ち上がりを竹串で持ち上げ、幹を鉢側に絞り込みましたが
残念ながらまだ鉢の正面とズレているようです。
IMGP5584 (640x427)
植え替え位置の変更が必要です。

「お前の棚はこんな中途半端な樹ばっかりじゃ!、
      苗を弄る暇があったら今ある樹を完成させろ!」

「挿し木木からでは時間が掛り過ぎる!」

「お前の残り時間を考えろ、バカもん!」

w(゚o゚)w トホホ

盆栽の神様にお言葉を返すようですがこれも挿し木からです。

挿し木からここまで作るのが私の最大の楽しみなのです。

たとえ未完成なままでも!。


にほんブログ村

ミニ真柏の手入れ

先日投稿のミニ真柏の一本です。

シャリを広げている内に、
IMGP5499 (640x427)
ちょっとアップで、
IMGP5500 (640x427)
裏面にも彫りたくなり、
IMGP5501 (640x427)
立ち上がりの景色が寂しいと、
IMGP5502 (640x427)
新しくシャリを入れ、
IMGP5503 (640x427)
幹模様に厳しさが足りないのではないか?と、
IMGP5506 (640x427)
絞り込み、
IMGP5507 (640x427)
そして枝葉を充実させるべくスリット鉢へ。
IMGP5509 (640x427)

「なんとも行き当たりばったりの仕事をしおって
       少しは計画を立ててから行動すれば良いののを!呆れるばかりじゃ!」

この樹を手にした瞬間にここまでの手入れが思い付いたのです。

「バカもん、またまたそう言う嘘をつきおって、ワシには何もかもお見通しじゃ!」

(´・_・`) トホホ  バレテタカ ボンサイノカミサマ ニハ サカラエマセン  


にほんブログ村

真柏 去年寄せた苗の今と未来予想図

真柏の挿し木苗を寄せた樹です
IMGP5518 (640x427) (640x427)
この一年大きな変化がありませんでした。
反対側。
IMGP5519 (640x427)
実生苗や挿し木の苗は3年生頃まではなんとも頼りなく、
成長も緩やかで将来図が見え難いものです。

数年前に寄せた真柏の幹部分のアップ、癒着も進み景色も出始めました。
IMGP5523 (640x427)

この樹はもう少し先輩です。
IMGP5522 (640x427)
早くこれぐらいになって欲しいものです、 この樹も幹の芸を楽しみに育てています!。

再整枝完了。
全ての小枝を幹に沿うように畳み込みました。
枝を徒長させ幹を太らせれば数年で上の写真のようになります。
IMGP5525 (640x427)
尚、中央部の不自然な白い部分は、
いつもお世話になっている緊急常備薬「木工用ボンド」です。(笑)
針金掛け中に枝別れ部分が剝がれてしまいました。
ボンドを塗り元通りの位置で押さえてあります。


にほんブログ村

真柏 樹形構想

樹形構想が思い浮かばなかった真柏があります。
安価な素材コーナーにあった木です。
「あーでもないこうでもない」と試行錯誤、そして3年程経ちました。
この木もやはり芯を抜き強く曲付けしシャリを入れてあったものです。
IMGP5312 (640x427)

懐枝も芸もなく使いづらい枝です。
IMGP5314 (640x427)

直線のままでは面白くありません、
針金で曲を付けジンにしてはどうか?と。
IMGP5315 (640x427)
ここの一塊をジンにする。

ジンに相応しい太さと曲が出来た時点で(黒線)図のように整枝してみては?。
IMGP5318 - コピー (640x427)


「バカもん、またまた狸の皮を計算しおって、
   こんな絵を書く暇があるなら盆栽の手入れをいたせ!」

(´・_・`)トホホ

神様、バーチャルの世界がお嫌いのようです。


急遽、針金を掛け、ジン候補の場所を隠し、パチリ。
IMGP5323 (640x427)
追い込みを掛けコジンマリと作れたら良いなぁ~と考えています。


「絵だけでは意味がない!、これなら良かろう!」

盆栽の神様ご納得されたようです フゥ~ヤレヤレ。



にほんブログ村

超ミニを諦めた真柏で遊ぶ

「本日のオマケ」としてUPした真柏です。
幹に始めてのシャリを入れました。
IMGP5358 (640x427)
将来彫刻刀が入って行かなくなるであろう場所を重点的に彫り込んであります。

標準レンズでアップ、これ以上寄れない。
IMGP5359 (640x427)

マクロレンズ100mmに交換。
IMGP5368 (640x427)

少し上もアップで。
IMGP5367 (640x427)

以前の写真。
IMGP5138 (640x427)
超ミニを目指して作って来ましたがこれがこの樹の限界のようです。

三か所の要所を絞り込み樹姿のチェック。
IMGP5424 (640x427)
樹高の短縮はしませんでしたがかえって伸びやかさが出たのでは?。

最後に幹の上部にもシャリを入れ手入れ終了、そしてちょっとアップでハイ・ポーズ。
IMGP5428 (640x427)
シャリが幹に纏わりつきながら昇って行きます。
真柏らしくなったのでは、あくまでも私感ですが!。

台風16号で各地に大きな被害が出ています。

棚上の盆栽もプチ避難を完了させました。

出来れば各地に最も被害の少ない進路を通って欲しいものです。



にほんブログ村

真柏 鉢合わせ

先日プチ整枝した真柏を植え替える事に。
サイズの合いそうな手持ちの鉢で検討してみました。

渡辺正山、壺堂彫り。 9.6×8.8×5㎝
IMGP5297 (640x427)

峰揮堂。 11×8.4×4.4㎝
IMGP5289 (640x427)

大正常。 12×8.3×4㎝
IMGP5295 (640x427)

壱興。 11×9×3.9㎝
IMGP5287 (640x427)

行山。 10.5×8.8×5㎝
IMGP5291 (640x427)

植え替え後。
壱興鉢 樹高10㎝
IMGP5308 (640x427)

植え替え前。 嵐山 9.5×7×3㎝
IMGP5192 (640x427)
長い間この鉢の姿を見慣れて来ましたが、
今回、検討した鉢は全てそれなりにこの樹に合うのでは?。
最終的には朱泥の鉢と言う事で「壱興」鉢に決定しました。


にほんブログ村

真柏 植え替え

以前に投稿した真柏です。
植え替え後。
IMGP5146 (640x427)
この鉢には黒松を植える予定でしたが
二番芽の伸びが思わしくなく、
今年の植え替えを見送る事に。

植え替えを考えていたこの真柏に合わせてみました、
形、サイズとも良く合うのでは?。

植え替え前。
少し大きな鉢で植え付け角度もズレています。
IMGP2011 (640x427)
植え替え時には鉢合わせに何時も悩まされます。
なかなか思うような鉢がないのです!。


「近くに常滑と言う盆栽鉢の聖地があるではないか!、知り合いも沢山居ろうに!」

(;´д`)トホホ、生憎、福沢諭吉先生との相性が良くないのです!。

樋口一葉さんや野口英世さんも‘私のがま口‘には居心地が悪そうで、
お留守の時の方が多いのです。

「おうおうそうじゃったのぉ、忘れておったぁ
  貧乏神様はお前とは相性が合う、長い付き合いになりそうだと喜んでおったわ!」

「お前の守護神になってやっても良いとも言っておった、
             それも良いかも知れんのぉワッハッハァ~」

盆栽の神様も同意されているようですが、お断りします! ゼッタイニ。


にほんブログ村

真柏 整姿と植え替え

樹形の出来ていない真柏を弄っている内に本格的な整枝になってしまいました。
IMGP5162 (640x427)

鉢から抜いて底根を整理し、
IMGP5168 (640x427)

再度駄温鉢に植え替え。
IMGP5171 (640x427)

去年5月25日投稿時の姿。
IMGP3682 (640x427)
この時点では斜幹風の模様木にと考えていたようです。
水やりの度にひっくり返る覚悟があればここで作っても良かったか。(笑)

盆栽園の1000円コーナーにあった木です。
一番強い曲の部分は芯を抜き曲付けしシャリを彫ったものです。



にほんブログ村

寄せ植え真柏の整枝

寄せ植えと言っても、真柏に似つかわしくない林景を作るつもりはありません。
挿し木3年生程の苗を寄せてあります。
IMGP5079 (640x427)
弄っている内にスッポリと駄鉢から抜けてしまいました。

左右最下枝の下は全て一本ずつの幹でした。(4、5本程寄せています)
IMGP5081 (640x427)
まだ癒着とまでは行きませんが、根と幹?は十分に絡んでいて外れません。

最初は植え替えるつもりはありませんでしたが
この際、癒着を促すべく、スリット鉢へ!。
IMGP5083 (640x427)
そろそろ、幹にシャリを入れ景色を作り始めた方が良いでしょう。
この鉢に根が馴染み樹が動かなくなった頃にでも始めましょうか。


にほんブログ村

真柏 プチ整姿

針金を外し、シャリを広げている内に本格的な整枝になってしまいました。
IMGP5230 (640x427)

この立ち上がったジンが邪魔だ!、右最下枝がこれ以上に下げられないと。
IMGP5231 (640x427)

ジンに割れ目が見えます、
IMGP5233 (640x427)

先端をペンチで掴み、捻り取る事に。
IMGP5234 (640x427)

思い通りに枝が下がりました、ジンを外した事の良し悪しは別にして。
IMGP5236 (640x427)

いつもとは反対のちょっとロングで。
IMGP5242 (640x427)
鉢はこのままで植え替えるか?。


「バカもん、お前のブログのコンセプトに反する
        Before and Afterが聞いて呆れるではないか、
            手入れ前の写真がないとは!、手を出す前に写真を撮っておけ!!」


(´・_・`) トホホ ゴモットモ デス


以前投稿時の写真を探し出しUP。
IMGP5930 (640x427)

「バカもん、以前の姿の方がミニ真柏らしくてスッキリしておる。
               整姿してかえって悪くするとはお前らしいのぉ!」


(;д;) トホホ ナントモ ボンサイノカミサマニ カエス コトバガ アリマセン



にほんブログ村

挿し木真柏 二度目の整枝 その2

整枝前。
IMGP5106 (640x427)

整枝後。
IMGP5107 (640x427)

整枝前。
IMGP5108 (640x427)

整枝後。
IMGP5109 (640x427)

整枝前。
IMGP5110 (640x427)

整枝後。
IMGP5111 (640x427)

以下は整枝前写真を撮り忘れ。
整枝後。
IMGP5112 (640x427)

整枝後。
IMGP5114 (640x427)
この時点では見るからに頼りない姿ですが
真柏にとって一番大事な時期の曲付けです。
来年になると思ったような曲は付け辛くなります。


にほんブログ村

挿し木真柏 二度目の整枝

5月25日に「杉葉になってしまった真柏」としてUPした
挿し木一年生の13鉢の真柏です
IMGP5086 (640x427)
初回の針金を外してあります。
再度、樹の個性を見ながら整枝する事に。

この苗は、
IMGP5091 (640x427) (2)
双幹風な形に。
IMGP5093 (640x427) (2)
将来はもっと絞り込む予定で,太ったら一方をジンにしても面白い!。
それとも昨日UPしたような樹をもう一本作ってみるか?。

根上り風です。
IMGP5096 (640x427)

根と立ち上がりに時代が乗れば見所に。
IMGP5097 (640x427)

一丁前の立ち上がりをしています。
IMGP5088 (640x427) (640x427)

小枝をそれぞれの役枝に振り分け、
IMGP5094 (640x427)
暫く様子を見る事に。

それなりの曲が付いているようですが、
IMGP5098 (640x427)
針金を掛け、
IMGP5099 (640x427)
反対側から。
IMGP5100 (640x427)
幹をもっと畳み込んで上部の小枝を役枝にするか?。
数年後に寄せる樹の候補にするか?。
一本で姿が出せない苗は寄せる事になります。

尚 針金掛けは1ミリのアルミ線を使っています。
この強い曲が遠い未来に真柏らしさを表現してくれます。

まずはここまで、まだ残りは9本もある ヤレヤレ。


にほんブログ村

真柏 久しぶりの整姿

枝の各所に針金が食い込んでいました。
針金を外し樹姿のチェック。
IMGP5182 (640x427)
これなら下枝に少し乱れがあるものの許容範囲内では?。
しかし、暫く植え替えて居らず、根が詰まりぎみです。
植え替え前に整枝し直す事に。


左右の下枝数本に針金を掛け
左側立ち上がりの根にシャリを入れ
ジンとシャリをブラシで掃除しハイ・ポーズ カッシャ~ン。
IMGP5192 (640x427)
鉢もサイズ、形ともピッタリのように感じていますが
手持ちの鉢に合うものがあれば違う姿も見てみたいような!。

いつものちょっとUPで。
IMGP5195 - コピー (640x427)
双幹の挿し木を図のように曲付けして作って来ました。
PCのお絵かきソフトで遊んでみました。
最早デジタルに不可能な領域は無いようです!。

今年はVR(バーチャルリアリティー)元年だそうです、
どんな遊び方が出来るか楽しみです。

「バカもん、良からぬ想像をしおって、お前の考えている事は手に取るように分かる!」

(;´д`) イヤハヤ オハズカシイ

「やっぱりそうか! バカもん!」

盆栽の神様のワナに引っかかったようです トホホ ナサケナイ。


にほんブログ村

真柏 改作?構想

双幹に曲付けし、左幹をジンに改作後長く持ち込んでいましたが
ありゃこりゃ弄っている内に樹形を崩してしまいました。
挿し木15年前後。

樹形的に問題のなさそうな樹ですが、樹冠部の枝が手前へ突き出しています。
IMGP3980 (640x427)

反対側のここで改作?、
一の枝と樹冠部の間に良いシャリと曲があるものの少し遠そうです。
IMGP3983 (640x427)
一の枝から上をジンにする事も考えましたがジンの芸がなさそうです。

曲げたい箇所に小さなシャリを噛んでいます。
IMGP3981 (640x427)

ラフィアで保護、軽く移動させておきました。(作業日7月7日)
IMGP3982 (640x427)

再度強く絞り込み、記念写真、ハイ、パチリ。(作業日7月18日)
IMGP4083 (640x427)
やはり、ここで作れそうです。(樹冠部の右へ伸びる枝が前方へ突き出ていた)

ラフィアと針金、流れを消す邪魔な樹冠部下のジンを外し整枝。(作業日8月30日)
IMGP5037 (640x559)
右枝を少し下げ過ぎたか?。


追記
将来は右の差し枝を半分程に追い込み、(赤線)
植え付け角度を左へ起こし、本格的な模様木への改作も可能か?。
IMGP5045 (640x427)
捕らぬ狸の皮算用です、盆栽の神様に言われる前に言っときます。

「バカもん、わしの出番が無くなるではないか、最近ただでさえ少ないのに!」

出たがりの盆栽の神様、少しお怒りです。


にほんブログ村

ミニ盆栽達の避暑

100円ショップグッズで盛夏を過ごしたミニ達です。
全て実生、挿し木から育てています。
IMGP5028 (640x333)
底部にドリルで小さな穴を10か所程開けてあります。

黒松、両方の鉢穴から均等に発根しています。
IMGP5009 (640x427)

一本強い根が走っています。
IMGP5013 (640x427)

根を切断後、ちょっとUPで。
IMGP5015 (640x427)

左側に一本だけ。
IMGP5016 (640x427)
少し右が正面か?。

右の根が少し強いようです。
IMGP5019 (640x427)

二本強い根が。
IMGP5025 (640x427)

この樹もちょっとUP。
IMGP5026 (640x427)
上記ミニ達はこの夏を無事に乗り切ったようです。

左側に根が一本だけ。
IMGP5021 (640x427)
立ち上がりが少し短調?、取り木で解消させるか?。

手っ取り早く銅線で絞り込みました。
IMGP5132 (640x427) (622x389)
正面がズレたようです。

次回の植え替え位置はここか?。
IMGP5133 (640x427)
真っ直ぐだった立ち上がりにほんの少し曲が付きました。
休み休み絞ればまだ強く曲が付けられそうです。

植え替え時までにどれ程変化させられるか腕の見せ所。

「調子に乗って枯らすでないぞ!」

盆栽の神様のご忠告です。



本日のオマケ。
超ミニの3cmを目標に作って来ましたが、
IMGP5137 (640x427)

目標達成ならず、残念!。
IMGP5138 (640x427)
今後はシャリを彫り、幹芸を楽しみながら作って行きます。


にほんブログ村

真柏 整姿

挿し木10年程、ぼんやりした姿です。
IMGP4935 (640x427)

針金を全て外しチェック。
IMGP4939 (640x427)

葉を透かし針金整枝後チェック、ちょっと窮屈か?。
IMGP4945 (640x427)

鉢との間につっかい棒を入れチェック。
IMGP4950 (640x427)
枝棚がすっきりし、伸びやかな姿になったのでは?。 樹高 10㎝。

最終図。
IMGP4955 (640x427)
重なった枝先を調整し、幹にミストを散布しプチ化粧。

は~い、お疲れさまでしたぁ~、パチリ。


にほんブログ村

衣替え真柏 整姿

先日のジン、シャリの化粧時に樹姿の乱れに気付きました。
IMGP4902 (640x427)

全体図。
IMGP4904 (640x427)

針金を掛け整枝。
IMGP4906 (640x427)

ちょっとUPで。
IMGP4907 (640x427)
糸魚川性に衣替えした真柏です。
そろそろ完成域か?。


にほんブログ村

ミニ真柏整枝と手入れとは言えない手入れ色々。

ミニ真柏をプチ整枝したついでに、
IMGP4508 (640x427)
長寿梅のヤゴ芽や雑草を取ったり、
IMGP4509 (640x427)
徒長枝を切り取り、挿し木用にしたり、
IMGP4514 (640x427)
枯れ葉の掃除をして
IMGP4517 (640x427)
綺麗にしたり、
IMGP4518 (640x427)
唐楓の徒長枝を切り詰めたり、
IMGP4519 (640x427)
植え替え後放ったらかしの唐楓を、
IMGP4523 (640x427)
肥料や、固定用の針金を外し、バリカン刈りでお茶を濁したり、
IMGP4525 (640x427)
一つ一つは手入れにもならないような手入れをして、
そろそろネタ切れの兆候が表れて来ました、大変だぁ~(笑)
このブログも少し遅い夏休みか?。


にほんブログ村

真柏 呼び接ぎの切り離し(根接ぎ取り)

真柏に接ぎ木と呼び接ぎが掛けてありました。
IMGP4394 (640x427)
立ち上がりに接ぎ木と芸のある上部に呼び接ぎが。

接ぎ木時の写真。
IMGP3947 (640x427)


反対側から。
IMGP4396 (640x427)
上部の幹はこのポット内の根だけで生きて行きます。

切り離し後の下部。
上面に接ぎたかったのですが水吸いが細く断念しました。
IMGP4397 (640x427)
根の廃棄処分は免れましたが
どう作って行ったら良いやら?、
取り敢えずは懸崖樹形?。

同じく、根接ぎ取り部分。
IMGP4398 (640x427)
親指付近が切り離し箇所。

植え替え後。
IMGP4402 (640x427)
ここが正面になりそうです。

UPで。
IMGP4400 (640x426)
この樹の次の手入れは糸魚川性への衣替えです。
私の一番好きな作業です、さぁ~何処へ接ごうか?。 ワクワク。 
来年春以降ですけどね。


にほんブログ村

真柏の整枝

秋の植え替えに備え、針金とつっかい棒を外し樹姿の確認。挿し木後10数年。
IMGP4299 (640x427)

針金を外す前の写真。
IMGP2002 (640x427)

プチ整枝後。
IMGP4305 (640x427)
整枝前の方が姿はまとまっていたようです (;´д`) トホホ。

左最下枝の太枝には針金を掛けませんでした。
このままでは将来この枝がこの樹の欠点になり
最悪の場合切り捨てる事になる可能性が高いと思われます。
この場合も直線的ではジンにしても面白くありません。

一直線状に出たこの樹の最大の欠点を解消させる方法を検討する事に。

改作案
・A 曲を付ける
・B 小枝で隠す
・C 幹のシャリと同様のシャリを入れる
・D 追い込んだ枝で作り直す。

対応を検討
・A この太さでは大した曲は付かない
・B プチ整枝以前の写真では小枝で隠れ目立たないが  
   誤魔化しにすぎず抜本的な解決策にならない
・C 直線の枝に螺旋状に入れたとしても大して面白くない
・D 奥の枝(針金が掛けてある)まで追い込み
   ここより先をジンにする

解決策
・当分B案で誤魔化しつつD案が実現するまでの間に
 直線的な部分にシャリを入れ、景色を作る。
IMGP4353 (640x427)
対応案に沿った手入れをしてみました、
シャリ入れは少し先にします。


にほんブログ村

真柏素材その3 立ち上がりの矯正

この真柏の立ち上がりが不満です。
IMGP4183 (640x427)
金具の当たる場所をゴムで保護。(根元と右枝付け根付近)

以前、木工用に買ったクランプで締め込み。
盆栽に使うのは初めてです、果たして上手く行くか、ドキドキ。
IMGP4185 (640x427)

金具を外せばここも絞り込み可能。
IMGP4189 (640x427)

上写真を絞り込み後、針金で固定。
IMGP4191 (640x427)


後側にメジャーを当てると、約10cm程に縮小。
IMGP4192 (427x640)
一本ぐらい使える小枝が有っても良さそうなものですが、
無いものはショウガナイ!。
ここでまた遊ばせて貰えます。


作業後の立ち上がり付近。
幹の樹冠部下にはまだ絞り込む余地があり、10㎝以内で作れるかも?。
IMGP4193 (640x427)
分かりやすいように作業前の写真を並べて、before and afterを。
IMGP4183 (640x427)
我ながら良く絞り込んだもんだ、と自画自賛。


「バカもん こんな時期にこんな事をしおって、取り木だけならまだしも
          枯れても知らんぞ! 適期まで待てば何の憂いもないものを」

「くだらぬ記事を三回も書きおって、四回目はないかも知れんぞ!」


強い絞り込みをした自覚はありませんが少しやり過ぎたかも?。


「自覚症状のないのが一番危険じゃ、末期症状になるまで気づかん!!」


やはり本能のままに行動したようです、

暫くの間は日陰に避難させねば!、

神様に再度お叱りを受けないように。

(´・_・`) ドキドキ ハラハラ 


枯れなければ経過報告ができますが、どうなる事やら、

「真柏素材その4」のタイトルは「枯れました(;д;)」にならないように願うばかりです。


そうだ!神様にお願いをしておこう、美味しいお神酒を添えて!。

「うん良い心掛けじゃ!、おつまみも忘れんようにな!, あたりめが大好きじゃ!」

「一味とマヨネーズが少しあると嬉しいのぉ 」 ニコニコ

「板わさも頼めんかのぉ すまんのぉ 」 ウキウキ

盆栽の神様おねだりがお上手なのです。トホホ


にほんブログ村

真柏素材その2 取り木

前日の真柏です。
樹冠部下の太枝を絞り込み、頭部を伏せてみました。
IMGP4139 (640x427)
他の役枝には追い込める小枝が見当たりません。
ここの改作は来春です、何処へ接ぐかそれまでに十分検討します。


右側の不要な枝に針金が掛っていました。
IMGP4140 (640x427)

針金を掛け直すと使えそうな姿が出ました。
これ位の位置で根が出てくれればシメシメです。
IMGP4144 (640x427)
樹芯の曲はもう少し下で曲げたいところですが
頭用の枝は半分程剥がれており今にも取れそうです。
そこで我が家の盆栽用緊急常備薬「木工用ボンド」の登場です。
ペタッと張り付け、緊急オペ終了。(笑)


左側の枝にもわずかな曲が付いています。
IMGP4141 (640x427)

針金を掛けると文人風な樹の姿が。
IMGP4147 (640x427)
苦手な樹形ですが適所に枝別れがあります。
取り木成功後に緩やかな曲を更に絞り込めば真柏らしい樹形も可能です。

尚 左右最下枝先端にも入手時から曲が付いています。
捨てるには惜しい気がします、これらにも取り木を掛けるつもりです。

現姿。
こんな無駄な枝を伸ばしたが為に、
盆栽の一番大事な懐枝が育たなかったようです。
IMGP4158 (640x427)
なんともブチャイクな姿です。

「バカもん、ブチャイク加減はお前とドッコイドッコイじゃ!」

「よくもまぁ~安い木で遊ぶもんじゃのぉ、
     あの値段の樹で三本以上も作る算段とは!
        呆れる程じゃがまあ良いか、
           盆栽貧乏録の面目躍如じゃ、ヨーヤッタ!」

(♯`∧´)
 ホメラレマシタガ ウレシク アリマセン

いまだにお間違えです、私のブログ名は盆栽備忘録です。

「まぁ良いではないか、記事の内容は似たようなもんじゃぁ~、 ワッハッハァ~ァ」

盆栽の神様ご機嫌でお帰りです。トホホ 

次回に続く!。


にほんブログ村

真柏素材その1 初めての整姿

格安で入手した真柏素材です。
到着時に箱から出して、パチリ。
IMGP4131 (640x427)
用土が落ちないようにテープでガッチリと保護されています。

幹筋の確認、ここが正面か?。
IMGP4134 (640x427)
太枝に針金が食い込んでいます、強く曲げるとそこから折れる可能性あり。

ラフィアを巻いて保護、針金を掛け、樹芯候補の枝を後枝から引っ張り誤魔化す。
これ位で作れれば良いがなぁ~と、甘~~い考えがよぎる。(笑)
IMGP4135 (640x427)

整枝?後の全体図。
IMGP4136 (640x427)
この樹も言っています!
「もうお手上げ!!\(^o^)/バンザイだ!」と。



樹形検討
・枝元が真っ直ぐ過ぎる
・懐枝が無く、追い込めない
・動かせる枝の太さではない
・使えるのは立ち上がりの数曲だけ
・立ち上がりの一曲目をもう少し押し潰せないか?


結論
・改作適期ではない
・適期を待ち、接ぎ木で作り直す
・枝元を休み休み可能な限り移動させる
・上部両側の不要な枝に曲がついており、
 勿体無いので取り木を掛ける

盆栽になるまでまだまだ相当手の掛かる樹です。
手入れは続きます、乞うご期待!。(笑)


にほんブログ村

挿し木真柏整枝 その2

挿し木後、初期の曲付けがしてあった真柏です。
IMGP4064 (640x427)
立ち上がりが用土に埋もれて株立のように見えます。

掻き出してみると、
IMGP4066 (640x427)
‘もう立派な立ち上がり‘が。

途中図。
IMGP4071 (640x427)

最終図。
IMGP4072 (640x427)
最初の写真にあった左最下枝が
この樹もいつの間にか折れてなくなっています。

「無くなっただと、また直ぐにバレるような嘘を言い居ってバカもん!!。
   挿し木床にある、あの苗はなんじゃ、この樹の左枝と昨日の左枝ではないのか!
            折れたのか切ったのか、どっちじゃ、正直に申せ!!」

(;´д`) バレテタカ

立ち上がりを左へ倒そうと鉢の縁に強く押し付けて、折れてしまいました。
この苗は「杉葉の出ない真柏」の挿し木なのです。
今後はこの樹を増やして行くつもりです。

「ならば、致し方あるまい、細心の注意を払い手入れいたせ!」

盆栽の神様のお許しが出ました。
来春にはこの樹達から挿し穂が沢山取れそうですシメシメ。

「そっちの許しではない!!バカも~ん」

(´・_・`)  ドウモスミマセン。 

  
にほんブログ村        

挿し木真柏 整姿

白いラベルのある真柏を整枝する事に、
「杉葉の出ない真柏」の挿し木3年生苗です。
(ラベルは他の苗と区別する為)
IMGP4051 (640x427)

反対側から。
IMGP4052 (640x427)

整枝途中図。
IMGP4053 (640x427)

整枝しましたが、
IMGP4058 (640x427)
上部半分程シャリを噛んだ左最下枝を
針金を巻く時に水みちを切ってしまいました。

切れたものはショウガナイ、最初から無かったものとしよう!。

途中図。
IMGP4059 (640x427)

最終図、樹高6cm程。
IMGP4063 (640x427)
左側へ振っていた上部最先端の枝を反対の右側に持って来ました。
こちらの方が枝配りのバランスが良さそうです。

尚、折れた小枝は盆栽の神様に内緒で挿し木床へ。

「懲りん男じゃのぉ、挿したものはショウガナイ、見なかった事にしてやろう!」


にほんブログ村

真柏素材 初めての整枝

思わぬ安値で入手できた樹です。
ここが正面になりそうです。
IMGP4016 (640x427)
右端の枝と幹中間部から手前へ伸びる太枝は不要のようですが
将来はジンにする可能性もありとりあえず曲げておきます。


幹部候補生の枝にラフィアを巻いて、
IMGP4019 (640x427)


針金を掛け曲を付けておきました。
IMGP4022 (640x427)

全姿。
IMGP4024 (640x427)
一本の枝も外さず、芽も摘んでいません、、
改作時まで更に休み休み絞りこんでいきます。
上部の一塊は外す事になります、(これが取れれば超ミニか?シメシメ)

入手時の写真。
bonsai2002center-img450x600-1467517377tcvuei25238[1] (390x409)
反対側で整枝しました。


にほんブログ村

真柏樹形構想

盆栽園の素材コーナーにあった樹です。
立ち上がりの少し上の曲の内側の芯を抜き、
ゆっくり時間を掛けて絞り込んで来ました。
IMGP3962 (640x391)

この最大の曲部分です。
IMGP3963 (640x427)
削ったシャリの淵も盛り上げって来ています。


全ての針金を外し確認。
IMGP3965 (640x427)
盆栽としての骨は出来ました、
枝葉の充実を待ち、整枝します。


にほんブログ村

真柏 プチ整枝

下枝が暴れ、枝棚が不明瞭になっていた真柏。
左右の下枝数本に針金を掛け点検中、
ここでBefore写真の取り忘れに気付く、失敗。
IMGP3943 - コピー (640x427)

さらに後枝と頭部の小枝を透かし整枝終了。
挿し木後10年程、樹高 10cm  鉢  佐太郎 丸7.5×4.6㎝
IMGP3944 (640x427)
右側の根は太らせた後にジンにするつもりですが
いつまで掛かる事やら!、
これはこれで個性的な景色になっているかも?。


「手入れに夢中になった結果じゃ、失敗ではない!」

「最近のワシの失敗に比べれば屁みたいなもんじゃ!」

心優しい盆栽の神様なのです、
ところで神様の最近の失敗とは?。

「お前の くだらんブログに出た事じゃ!、恥ずかしくて神様達に合わせる顔がない!」

。゚(゚´Д`゚)゚。  トホホ  モウシワケゴザイマセン  



にほんブログ村  

真柏の再生 上部根接ぎ取りと下部の接ぎ木

ビニールの中に活着した糸魚川真柏の苗が見えます。
成功です、先端が伸び間もなくビニールに突き当たりそうです。
上部の取り木に伴い不要になる立ち上がりの救済の為です。
IMGP3947 (640x427)

全姿。
持ち崩した真柏を取り木と接ぎ木で再生させる事にしました。
不要な直線の中間部を外し良い所だけで作り直す構想です。
IMGP3950 (640x427)
小枝を継いだことにより立ち上がりの根が生かせます。


反対側。
IMGP3951 (640x427)
根接ぎ取り木用に苗が呼び接ぎしてあります。
活着していればここで取り木が出来ます。


この曲で一本作れないか?と。
IMGP3953 (640x427)
本体は糸魚川性ではありません。
数本の小枝を接ぎ、衣替えの必要があります。
まだ、数年先の話ですが!。

「不思議なもんじゃのぉ、普段は気が短くて
   目前の判断を間違えてばかりのお前が 盆栽の事になると数年先の話か?」

盆栽の神様、ポツリと痛いところを!。

(´・_・`) フゥー 


 
にほんブログ村
  

衣替え真柏 取り木と樹形構想

立ち上がり付近に糸魚川性を接ぎ,
本体に取り木の掛けてあった真柏です。
IMGP3854 (640x427)

ポットを外すと片根ながら発根しています。
IMGP3855 (640x427)
根接ぎ取り木用素材にと。

そっとスリット鉢へ。
IMGP3856 (640x427)
本来は不要の枝でしたが接ぎ木から取り木まで
ここの枝を数年間生かした事で水吸いが太り、
シャリとの間に多少なり景色の変化が出来たのでは?と考えています。


針金を外し樹姿の確認。
IMGP3857 (640x427)

針金を掛け直し、石灰硫黄合剤の原液を塗り ハイ・ポーズ。
IMGP3894 (640x427)
今はジンが長すぎますが、枝葉が充実してから見合う大きさに切ります。


にほんブログ村